「陰性」で安堵も…エボラ日本上陸なら3.3兆円が露と消える

公開日:  更新日:

 エボラ出血熱の感染が疑われた男性ジャーナリスト(45)は「陰性」と判明した。が、日本上陸が“秒読み”である状況に変わりはない。

「今回の報道は中国でも関心が高かった。『日本に上陸か』と報じられた瞬間に、『もうダメだ』『日本に行くのやめようかな』なんて不安の声がネット上を飛び交っていました」(中国情報サイト関係者)

 エボラショックに戦々恐々なのが日本の小売業界だ。消費税増税後の冷え込みを、中国の“日本熱”でカバーしてきたからだ。

 今年1~9月に来日した中国人観光客は、前年同期比80%増の178万人で過去最高。観光庁によると、外国人観光客の昨年の支出額は1人平均13万6700円、中でも中国人は20万9900円と群を抜いている。

「東京・銀座や表参道に居並ぶ高級ブランドのブティックの大半は、リッチな中国人観光客で成り立っているといわれています。1億円の腕時計を『銀聯カード』でポンッと買う猛者もいるそうですからね。中国人頼みなのは、百貨店や家電量販店も同じでしょう」(アパレル業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る