日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「陰性」で安堵も…エボラ日本上陸なら3.3兆円が露と消える

 エボラ出血熱の感染が疑われた男性ジャーナリスト(45)は「陰性」と判明した。が、日本上陸が“秒読み”である状況に変わりはない。

「今回の報道は中国でも関心が高かった。『日本に上陸か』と報じられた瞬間に、『もうダメだ』『日本に行くのやめようかな』なんて不安の声がネット上を飛び交っていました」(中国情報サイト関係者)

 エボラショックに戦々恐々なのが日本の小売業界だ。消費税増税後の冷え込みを、中国の“日本熱”でカバーしてきたからだ。

 今年1~9月に来日した中国人観光客は、前年同期比80%増の178万人で過去最高。観光庁によると、外国人観光客の昨年の支出額は1人平均13万6700円、中でも中国人は20万9900円と群を抜いている。

「東京・銀座や表参道に居並ぶ高級ブランドのブティックの大半は、リッチな中国人観光客で成り立っているといわれています。1億円の腕時計を『銀聯カード』でポンッと買う猛者もいるそうですからね。中国人頼みなのは、百貨店や家電量販店も同じでしょう」(アパレル業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事