井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<第1回>ヒラメ同士が話し合って危機を脱することができるのか

公開日: 更新日:

 最も強烈なパンチを食らった「池上コラム問題」は、木村社長の意向を杉浦信之取締役編集担当(当時)が忖度したことで、掲載が一時、見送られた。これにより、コア読者が離れ、販売店からの突き上げが始まった。

 実は冒頭の「靴なめ発言」の主は杉浦氏である。週刊誌でも「ヒラメ役員」と揶揄された通り、木村社長に対して「言論の自由を謳う新聞社がそんなことをしてはいけません」とは言えない。裏を返すと、言わないからこそ、彼は出世してきたのである。そういう幹部たちが対応を練ったところで信用を取り戻せるのか。朝日の危機の本質とは、結局、こういうことなのだ。

▽いのうえ・ひさお 1964年生まれ。九大卒。大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。経済記者としてトヨタや日産などを担当。2004年朝日新聞を退社。フリージャーナリストとして活躍中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  8. 8

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る