解散風で7年1カ月ぶり高値 一時1万7400円台回復

公開日: 更新日:

12日の東京株式市場は、衆院解散ムードで消費税の再増税が延期されるとの見方が広まり、平均株価が続伸した。午前の上げ幅は一時、280円を超え、1万7400円台を回復。7年1カ月ぶりの高値をつけた。午後は上値が重く、前日比72円高の1万7197円で取り引きを終えた。

 前日の米国市場で、ダウ平均が史上最高値を更新したことや、円安の継続で輸出関連企業の業績が回復することも、株価を押し上げた。
 中でも富士フイルム株は、グループ企業が持つアビガン錠がエボラ熱の薬として世界初の承認薬になるとの見通しが広まり、一時4098円まで買われ、年初来高値を更新。終値は前日比170円高の4007円だった。

 ただし、この上げ潮ムードは、海外の投資家が増税延期をテコにしてマネーゲームを仕掛けただけで、実体経済が回復したわけではない。「解散・総選挙や消費税再増税の行方次第では、相場が冷え込みかねない」(市場関係者)と慎重な見方も出始めている。

 東京外国為替市場で円相場は1ドル=115円台半ば付近でもみ合っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る