増税延期で現実味帯びる 2017年4月「日本国債暴落」

公開日:  更新日:

 日本国債は大丈夫なのか――。消費再増税が先送りされたことで、金融市場がピリピリしている。海外投資家から見れば、来年10月の消費税10%への引き上げは国際公約で、日本の国内事情である「景気条項」など関係ない。安倍政権は約束を反故にしたと判断して当然だろう。

 すでに欧米系大手格付け会社のフィッチ・レーティングスは日本国債の格付け見直しを表明した。

「フィッチと並ぶ世界3大格付け会社の米S&Pと米ムーディーズも動くかもしれません。そうなったら、日本国債売りが現実になる恐れが出てきます」(マーケットアナリストの黒岩泰氏)

 今のところ、国債市場は安定を保っている。19日の長期金利も0.47%と落ち着いているが、何しろ国際公約を破ったのだ。この先どうなるか分かったものではない。


 安倍首相は18日の会見で、17年4月の再引き上げについて「再び延期することはない」と明言したが、うのみにする海外投資家は少数派。再増税を中止する新たな法律を成立させれば、いとも簡単に「中止」できるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る