兜町は戦々恐々…海外投資家の勝敗ラインは「自民300議席」

公開日:  更新日:

 師走相場入りした兜町で危機感が急速に高まっている。相場のジンクスから見れば、12月は過去20年で13勝7敗(月間騰落率)。勝率は12カ月のうち2位と決して悪くない。

「安倍首相の身勝手な解散・総選挙のせいで、今後の相場に対する見方が真っ二つに割れてしまったのです。現在、日経平均は1万7000円台を維持していますが、悪い方に転ぶと、最悪の師走相場になりかねない」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 ここへきて証券各社は来年の相場見通しリポートを続々と公表している。ゴールドマン・サックスは、来年3月中旬に「日経平均1万9300円」と予測した。野村証券は来年12月末に「1万9000円」としている。

 その背景は、さらなる円安進行と、輸出企業を中心とする業績の好調さだが、「2日公示の選挙を甘く見ている」(証券アナリスト)という指摘がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る