「欠陥エアバッグ」タカタ問題 “日本車叩き”に変わる恐れも

公開日:  更新日:

 米国で波紋が広がっているタカタの欠陥エアバッグ問題を巡り、日本の自動車メーカーが戦々恐々としている。

「日本車叩きに発展しかねない。それが何より恐ろしい」(大手メーカー関係者)

 タカタ幹部は3日、米下院の公聴会に出席し、全米リコール(回収・無償修理)に協力する姿勢を示したが、これで一件落着とはいきそうにない。

「欠陥エアバッグを採用している日本車に対する不買運動が起きる可能性があります。09年から10年にかけて問題となったトヨタ自動車のブレーキの不具合問題と流れが似ています。豊田社長も米公聴会で証言したし、当時、米国でトヨタ車の売れ行きが落ちた。今回はトヨタだけではなく、日本車全体に被害が及ぶ恐れがあります」(経済ジャーナリストの井上学氏)

 自動車業界からは、TPP交渉を有利に進めるため、米国がタカタ問題を利用しているという声もあがっている。日米自動車摩擦の再燃が懸念されるが、当事者のタカタは意外に強気だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る