「欠陥エアバッグ」タカタ問題 “日本車叩き”に変わる恐れも

公開日:  更新日:

 米国で波紋が広がっているタカタの欠陥エアバッグ問題を巡り、日本の自動車メーカーが戦々恐々としている。

「日本車叩きに発展しかねない。それが何より恐ろしい」(大手メーカー関係者)

 タカタ幹部は3日、米下院の公聴会に出席し、全米リコール(回収・無償修理)に協力する姿勢を示したが、これで一件落着とはいきそうにない。

「欠陥エアバッグを採用している日本車に対する不買運動が起きる可能性があります。09年から10年にかけて問題となったトヨタ自動車のブレーキの不具合問題と流れが似ています。豊田社長も米公聴会で証言したし、当時、米国でトヨタ車の売れ行きが落ちた。今回はトヨタだけではなく、日本車全体に被害が及ぶ恐れがあります」(経済ジャーナリストの井上学氏)

 自動車業界からは、TPP交渉を有利に進めるため、米国がタカタ問題を利用しているという声もあがっている。日米自動車摩擦の再燃が懸念されるが、当事者のタカタは意外に強気だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る