投票日まで買い一色?6日続伸「狂乱相場」に潜む暴落サイン

公開日:  更新日:

 株式市場の狂騒が続いている。5日も日経平均は年初来高値を更新。終値は前日比33円高の1万7920円と6日続伸した。

「下げる材料が見当たりません。米ムーディーズの日本国債格下げという最悪材料が出ても、株価は下落しなかった。ここまで強気相場だと、海外勢から個人投資家まで買い一色になります。14日の衆院選投票日まで上昇ムードは続くとみています」(市場関係者)

 10月末に金融緩和“黒田バズーカ2”が放たれてから、日経平均は2200円以上も上昇したが、さすがに、「下落サイン」が点滅し始めている。
 たとえば東証1部の時価総額。4日終値ベースで516兆円だが、兜町ではGDPの額(525兆円=13年)に迫ると、波乱相場が来るといわれている。

 不気味なサインは、まだある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る