投票日まで買い一色?6日続伸「狂乱相場」に潜む暴落サイン

公開日: 更新日:

 株式市場の狂騒が続いている。5日も日経平均は年初来高値を更新。終値は前日比33円高の1万7920円と6日続伸した。

「下げる材料が見当たりません。米ムーディーズの日本国債格下げという最悪材料が出ても、株価は下落しなかった。ここまで強気相場だと、海外勢から個人投資家まで買い一色になります。14日の衆院選投票日まで上昇ムードは続くとみています」(市場関係者)

 10月末に金融緩和“黒田バズーカ2”が放たれてから、日経平均は2200円以上も上昇したが、さすがに、「下落サイン」が点滅し始めている。
 たとえば東証1部の時価総額。4日終値ベースで516兆円だが、兜町ではGDPの額(525兆円=13年)に迫ると、波乱相場が来るといわれている。

 不気味なサインは、まだある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る