GDP下方修正でも高値 狂乱相場だから儲かる24銘柄

公開日:  更新日:

 株式市場にとって7-9月期GDPの下方修正(年率1.6%減→1.9%減)は、ネガティブサプライズだったはずだが、相場の熱狂は冷めなかった。8日も日経平均は年初来高値を更新し、一時は7年4カ月ぶりとなる1万8000円台に乗せた。9日は利益確定売りが広がったものの、1万7800円台をキープ。終値は前日比122円安の1万7813円だった。

「異様な狂乱相場です。下方修正の大きな理由は、日本経済を下支えする中小企業の設備投資の伸び悩みです。アベノミクスの恩恵はやはり大企業だけだったとハッキリした」(市場関係者)

 それなのに市場は、こうした深刻な事態から目をそむけ、日銀やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の“買い支え”に期待し、株価を吊り上げている。

「日本国債が格下げされても上昇は継続した。官製相場がつくり出す不気味さは無視できないが、14日の投票日まで上昇傾向は続くでしょう。市場は『下がらないのだから上がる』の論理で動いているので、今から投資しても遅くはない。ポイントは07年高値です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る