GDP下方修正でも高値 狂乱相場だから儲かる24銘柄

公開日:  更新日:

 株式市場にとって7-9月期GDPの下方修正(年率1.6%減→1.9%減)は、ネガティブサプライズだったはずだが、相場の熱狂は冷めなかった。8日も日経平均は年初来高値を更新し、一時は7年4カ月ぶりとなる1万8000円台に乗せた。9日は利益確定売りが広がったものの、1万7800円台をキープ。終値は前日比122円安の1万7813円だった。

「異様な狂乱相場です。下方修正の大きな理由は、日本経済を下支えする中小企業の設備投資の伸び悩みです。アベノミクスの恩恵はやはり大企業だけだったとハッキリした」(市場関係者)

 それなのに市場は、こうした深刻な事態から目をそむけ、日銀やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の“買い支え”に期待し、株価を吊り上げている。

「日本国債が格下げされても上昇は継続した。官製相場がつくり出す不気味さは無視できないが、14日の投票日まで上昇傾向は続くでしょう。市場は『下がらないのだから上がる』の論理で動いているので、今から投資しても遅くはない。ポイントは07年高値です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る