株価1万7000円割れ 海外勢「自民は敗けた」と日本売り

公開日: 更新日:

 自公圧勝でも、株式市場の反応は冷ややかだった。16日の東京市場の平均株価は寄り付きで前日比230円以上下落し、あっけなく1万7000円を割り込んだ。終値は344円08銭安の1万6755円32銭だった。

 本来、市場は政治の安定を歓迎する。個人投資家の多くは、与党が3分の2超を握ったのだから、“ご祝儀相場”に沸くと読んでいたが、そんな雰囲気はみじんも感じられなかった。

「前週のNYダウが300ドル以上も下落し、原油安も止まっていない。金融マーケットに悪材料が噴出しています。国内は、選挙が終わったことで材料出尽くしと判断した機関投資家が大勢いた。売りが先行した格好です」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 15日の海外投資家の売買動向(寄り付き前)は、690万株の「売り越し」だった。「この動きこそ、選挙結果に対する外国勢の素直な反応」(証券アナリスト)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る