“ヒルズ族の兄貴”USEN宇野会長「リベンジ上場」の皮算用

公開日:  更新日:

 IPO相場が盛り上がっている。中でも注目は16日に上場以来、4日連続でストップ高まで買われたU―NEXT(東証マザーズ)。「IT業界の貴公子」ともてはやされたUSENの宇野康秀会長(51)が社長を務め、VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを手掛ける企業だ。ドラマや映画などの動画を有料配信し、定額見放題サービスを売りにしている。

「4年前にUSENを追い出された格好の宇野氏にとって、IPO爆騰はしてやったり。U―NEXT株の9割は宇野氏の資産管理会社名義。時価総額は266億円に膨れ上がっています」(経済ジャーナリスト)

 事業拡大が裏目に出て、2期連続で巨額赤字を垂れ流し。個人で3割ものUSEN株を持ちながらも、10年に代表権のない会長に退いた。そこから力を注いだのがU―NEXTだ。もともとはUSENが展開していた「GyaO NEXT」で、社長辞任とほぼ同時に会社分割して引き取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る