来年90社前後が新規上場も…IPOラッシュの“落とし穴”

公開日:  更新日:

 12月の株式市場は駆け込みのIPO(新規上場)ラッシュになっている。合計28社。去年より6割増で、06年以来の高水準だ。

 オリックス元会長の宮内義彦氏の息子のベンチャー「ビーロット」は一時、高値が公開価格の9倍を超え、USENの宇野康秀会長の「U―NEXT」はストップ高続きで絶好調。が、この2社はレアケースで、初値こそ公開価格を上回ったものの、その後ストップ安に沈んだり、初値が公開価格を下回って低迷する銘柄の方が目立つ。

 アマゾンのフルーツを輸入販売する「フルッタフルッタ」は公開価格比51%高の初値6500円だったが、その後ストップ安になり25日終値は3925円だった。法律相談サイトを運営する「弁護士ドットコム」も公開価格の3.15倍の3880円で発進したものの25日終値は3030円だ。

■公開価格を下回って低迷

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る