アベノミクスに“悪ノリ”で儲けろ カリスマ投資家の厳選銘柄

公開日:  更新日:

 カリスマ投資家として名をはせた木戸次郎氏は「アベノミクスを続けたら日本はボロボロになるだろう」と言う。しかし、ここからが木戸氏らしい。

「そうはいっても、安倍さんは国策で株を上げようとしているわけです。だとしたら、逆らわないで乗ればいい。ただし、東京五輪までには売ることです」

 いや、五輪までもたず、2017年の消費税10%で日本経済はアウトかもしれない。とはいえ、それでもあと2年以上はある。この時期に金儲けを狙うのも悪くはない。そこで木戸氏に挙げてもらったのが別表の銘柄だ。

「アベノミクスで市中にお金をジャブジャブにしても、行き場のないマネーは内部留保という形で企業にとどまっています。企業がため込んでいるうちは経済は回らない。だから、安倍政権は必ず、ここにメスを入れると思います。従業員の給料を上げるか、株主に還元させるか、設備投資させるか。物言う株主が増えている今、お金を寝かせているなんて許されません。その意味で、内部留保が積み上がっていて、なおかつ、株主比率で外国人投資家が多い銘柄は動くのです。安定大株主がいない企業は、TOBやM&Aをかけやすい。狙われた企業は大変ですが、その方が株価は上がります。無借金であれば、なおさらいい。そういう視点で選んだのが表なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る