• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10万円を100万円にする! 未年「夢の投資カレンダー」

4月の統一地方選に向け投資テーマが続出

 相場格言では「未辛抱」という。無謀な投資をせず、ジッと我慢して耐え抜けとの教えだが、それでは資産は殖えない。14年は消費増税や円安による輸入インフレで生活コストが上昇。新年はその穴を埋めるために少しでも稼ぎたい。そこで10万円を100万円にする投資カレンダーをつくってみた。

■1~3月上昇 北陸新幹線開業

 安く買って高く売る――。株式投資の極意だが、これがなかなか難しい。でも1年間の長期予測を立て、目先の上げ下げに惑わされずデンと構えていれば、それなりに稼げる。

 過去3、5年間の日経平均の値動きを追うと、市場全体の特徴が見えてくる。1~4月はゆるやかに上昇し、5~9月は低迷、10月から年末にかけてドーンとハネ上がる(別表(1)参照)。ここ数年の動きだ。

 15年も同じような株価推移となるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る