10万円を100万円にする! 未年「夢の投資カレンダー」

公開日:  更新日:

4月の統一地方選に向け投資テーマが続出

 相場格言では「未辛抱」という。無謀な投資をせず、ジッと我慢して耐え抜けとの教えだが、それでは資産は殖えない。14年は消費増税や円安による輸入インフレで生活コストが上昇。新年はその穴を埋めるために少しでも稼ぎたい。そこで10万円を100万円にする投資カレンダーをつくってみた。

■1~3月上昇 北陸新幹線開業

 安く買って高く売る――。株式投資の極意だが、これがなかなか難しい。でも1年間の長期予測を立て、目先の上げ下げに惑わされずデンと構えていれば、それなりに稼げる。

 過去3、5年間の日経平均の値動きを追うと、市場全体の特徴が見えてくる。1~4月はゆるやかに上昇し、5~9月は低迷、10月から年末にかけてドーンとハネ上がる(別表(1)参照)。ここ数年の動きだ。

 15年も同じような株価推移となるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る