投資対象に迷ったら…「NISAでREIT」で堅実に稼ぐ

公開日:  更新日:

 NISA(少額投資非課税制度)を利用するなら、REIT(リート=不動産投資信託)がピッタリだ。株式投資と同じで、ネット証券などで気軽に買える。

「NISAでは、株式や投資信託を購入している人が多いですが、リートもオススメです。NISAは、武田薬品など高配当の銘柄に人気が集まっていますが、リートも同じように高配当。平均で3%程度はあります」(兜町カタリスト編集長の櫻井英明氏)

 リートの上場数は50近い。よく知られているのは三井不動産系の「日本ビルファンド」や、三菱地所系の「ジャパンリアルエステイト」。この2つは大手不動産がバックだけに安心感も高いが、それだけに残念ながら利回りは低い。両銘柄とも2%台半ばだ。

「特定の分野に特化したリートが次々と登場しています。老人ホームや病院が投資対象の『日本ヘルスケア』、ホテルが対象の『ジャパン・ホテル・リート』、物流センターの『日本ロジスティクスファンド』などです。こうした特化型の注目度は今後高まるでしょう」(櫻井氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る