想定外スイス・ショックで相場混乱 暴落でも強い「23銘柄」

公開日:  更新日:

 兜町のジンクス「国策に逆らうな!」を地で行くような相場となっている。

 株式市場は、年初から乱高下が続き、16日も日経平均は前日比で一時516円安まで売られ、終値は244円安の1万6864円だった。スイスの中央銀行が15日、無制限為替介入を突然中止すると発表したため、スイスフランが急騰。極端なユーロ安となり、そのあおりで「円高→日本株安」となったのだ。

「スイスは想定外の悪材料でした。しばらく相場は混乱をきたすかもしれません」(松井証券シニアアナリストの窪田朋一郎氏)

 スイス・ショックは輸出関連を中心に株価を大崩れさせたが、そんななかでも株価を上げた銘柄がある。

「それこそが暴落に強い株です。地合いが悪いなかでも値を上げていく強さがあります。共通項は14年度補正予算に絡んだり、成長戦略によって恩恵を受ける会社です。国策銘柄といえるでしょう」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る