• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新社長はバイト出身 “ブラック烙印”のワタミは生き残れるか

 ブラック企業は生まれ変われるのか。外食チェーンのワタミは22日、3月1日付で、清水邦晃常務(44)を社長に昇格させると発表した。現社長の桑原豊氏(56)は、代表権のない取締役となる。

 清水新社長は、明大政経学部に在学中、ワタミでアルバイトを始めた。創業者で明大OBでもあった渡辺美樹氏を慕って大学を中退し、1991年に入社。09年に取締役、12年に常務に就任している。

 ワタミは2期連続の赤字。バイトから社長になったと話題になっているが、ボロボロになっているワタミを再建できるのか。

「立て直すのは困難でしょう。ワタミに限らず既存の居酒屋チェーン店は、味もサービスも価格帯も中途半端なため、客が離れてしまった。280円均一の『鳥貴族』や24時間営業の『磯丸水産』など、特色を出している新興勢力に食われている。もはや、大規模チェーンのビジネスモデルは成り立ちません」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る