• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファミマ半額セールは「本部不正」で争うFC店の反逆だった

 今月上旬、ファミリーマート八王子旭町店など3店舗が「半額セール」を行い、話題となった。消費者にしてみれば「おトク」な話だったが、その裏にはファミマ本部と加盟店との対立があった。八王子旭町店などファミマ4店舗の元オーナーで「コンビニのレジから見た日本人」の著者、竹内稔氏が本紙に裏側を激白した。

「今回、半額セールという奇策に出たのはファミマ本部と戦う姿勢を示すためです。発端は昨年3月、店舗の在庫書類の中に、店長も知らないクオカード4万円分の在庫を発見したことです。調べてみると、本部のスーパーバイザー(SV)が、クオカードを加盟店主の知らないところで、在庫にしたり、廃棄するなどの不正操作を行い、自分の懐に入れていることが分かりました。総額は約56万円にもおよび、不正を本部にただしたところ、説明が曖昧なまま、コトを終わらせようとした。こんなおかしなことはありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る