ファミマ半額セールは「本部不正」で争うFC店の反逆だった

公開日:  更新日:

 今月上旬、ファミリーマート八王子旭町店など3店舗が「半額セール」を行い、話題となった。消費者にしてみれば「おトク」な話だったが、その裏にはファミマ本部と加盟店との対立があった。八王子旭町店などファミマ4店舗の元オーナーで「コンビニのレジから見た日本人」の著者、竹内稔氏が本紙に裏側を激白した。

「今回、半額セールという奇策に出たのはファミマ本部と戦う姿勢を示すためです。発端は昨年3月、店舗の在庫書類の中に、店長も知らないクオカード4万円分の在庫を発見したことです。調べてみると、本部のスーパーバイザー(SV)が、クオカードを加盟店主の知らないところで、在庫にしたり、廃棄するなどの不正操作を行い、自分の懐に入れていることが分かりました。総額は約56万円にもおよび、不正を本部にただしたところ、説明が曖昧なまま、コトを終わらせようとした。こんなおかしなことはありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る