反緊縮派が選挙で勝利 「ギリシャ危機」が日本に襲いかかる

公開日:  更新日:

 ギリシャ総選挙(25日)で、緊縮財政に反対する最大野党の急進左派連合(SYRIZA)が勝利した。新政権が“公約”通り、緊縮財政を放棄したら、世界経済は再びギリシャ危機に脅かされることになる。

「ECB(欧州中央銀行)は急進左派の勝利を予想していた。だから、総選挙に先んじて大胆な金融緩和を発表したのです。その効果は絶大で、日米欧とも株価は急騰した。ギリシャ政局が、世界市場を揺るがすことはないでしょう」(市場関係者)

 こうした楽観論が広がる一方、ギリシャ問題は市場をドン底に突き落とすという見方も急浮上してきた。

「急進左派は、ECBやEU(欧州連合)、IMF(国際通貨基金)に対し、借金の棒引きを要請しています。その額は1400億ユーロ(約18兆円)に上ります。こんな法外な要求をのめるはずはない。そうなると、ギリシャのユーロ離脱が現実味を増すことになります」(経済評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る