• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日銀が掲げる2%は無理…4月には「物価上昇率マイナス」も

 市場が騒然としている。30日に公表された全国消費者物価指数(12月分、生鮮食品除く)は19カ月連続でプラスを記録したが、上昇幅は11月の2.7%から0.2ポイント縮小し2.5%となった。

 この結果に、市場関係者は「原油安の影響は想像以上。このままだと、物価上昇率がマイナスに転じるのは時間の問題でしょう」と驚愕している。

 昨年4月の消費税増税の影響(2%)を除くと、12月の物価上昇率はわずか0・5%だ。この上昇率はここ数カ月、下がり続けている。9月1.0%、10月0.9%、11月0.7%、そして12月は――。数値を見る限り、マイナス突入を危惧する声が出てきて当然だろう。

 物価の押し下げ要因はガソリン・灯油などエネルギー価格の値下がりだ。

「11月までガソリン、灯油とも前年同月比でプラスを維持していましたが、12月はマイナスに転じた。原油安の影響が色濃く出始めたのです。1月分以降は減少幅が拡大していくことになるでしょう」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る