トヨタ、大成、武田…2月相場「上方修正期待」で狙う21社

公開日:  更新日:

 日銀の“株価下支え”がモーレツだ。1月はETF(上場投資信託)を10回にわたって購入。合計額は3443億円で過去最高となった。

「これまでの最高額(月間)に比べ、1000億円以上も多いのです。これが安心材料となり、株価は大きく下落しないのでしょう」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 2日も日銀は買った。その効果で、日経平均の終値は前日比116円安で済んだ。世界の株式市場は米企業の業績伸び悩みや中国経済の減速懸念、ギリシャ危機再燃など悪材料にもがいているが、日本市場は例外らしい。「狙いを外さなければ、稼げるチャンスは転がっている」(市場関係者)のだ。

「ポイントは企業の業績発表(15年3月期第3四半期)です。今週は1000社以上が公表予定ですが、通期業績を上方修正してくる会社に株高期待が持てます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る