• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソニーと同じ道…再び赤字転落 シャープに残された“延命策”

「目の付けどころがシャープ」じゃなくなったのか。経営再建中のシャープが再び崖っぷちに追い込まれた。3日に公表した15年3月期の連結最終損益が従来予想の300億円の黒字から、300億円の赤字に転落する見通しとなったのだ。

 最終赤字は13年3月期以来、2年ぶり。「世界の亀山モデル」で知られた「液晶テレビ」で家電業界を一世風靡した面影はすっかり消えた。テレビ事業の採算悪化で経営不振が表面化したのは3年前。起死回生を狙って注力した中国市場向けの中小型液晶パネル事業が振るわなかったのが、今回の赤字転落の要因だ。

「業績低迷は、中国市場の競争激化です。とくに大手の『小米科技(シャオミ)』向けのビジネスを同じ日系企業の『ジャパンディスプレイ』に奪われたのが大きい」(経済紙記者)

■見つからない「稼ぎ頭」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る