ソニーと同じ道…再び赤字転落 シャープに残された“延命策”

公開日:  更新日:

「目の付けどころがシャープ」じゃなくなったのか。経営再建中のシャープが再び崖っぷちに追い込まれた。3日に公表した15年3月期の連結最終損益が従来予想の300億円の黒字から、300億円の赤字に転落する見通しとなったのだ。

 最終赤字は13年3月期以来、2年ぶり。「世界の亀山モデル」で知られた「液晶テレビ」で家電業界を一世風靡した面影はすっかり消えた。テレビ事業の採算悪化で経営不振が表面化したのは3年前。起死回生を狙って注力した中国市場向けの中小型液晶パネル事業が振るわなかったのが、今回の赤字転落の要因だ。

「業績低迷は、中国市場の競争激化です。とくに大手の『小米科技(シャオミ)』向けのビジネスを同じ日系企業の『ジャパンディスプレイ』に奪われたのが大きい」(経済紙記者)

■見つからない「稼ぎ頭」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る