21世紀最高値と大騒ぎ 「株価2万円」は本当に実現するのか

公開日:  更新日:

 兜町は大ハシャギだ。19日、日経平均は一時1万8300円を突破。終値も前日比65円高の1万8264円とITバブルだった2000年5月の水準まで戻し、約15年ぶりに高値を奪還した。市場関係者は「今世紀最高値!」と表現し、イケイケムードに拍車をかけている。

「株価2万円はそう遠くないでしょう。今の勢いが持続すれば、3月末にも突破する可能性があると思っています」(IMSアセットマネジメントの清水秀和代表)

 株高の背景は、企業業績の改善や、米利上げ時期の先延ばし観測、円安定着など、いろいろと取り沙汰されているが、最大の理由は海外投資家の動向だ。

「1月以降、海外勢は基本的に『売り越し』でしたが、ここへきて『買い越し』に転じ始めています。日本株はさらに上昇すると判断しているのでしょう。海外勢の買いが継続すれば、春先の2万円突破はあり得ます」(松井証券シニアアナリストの窪田朋一郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る