21世紀最高値と大騒ぎ 「株価2万円」は本当に実現するのか

公開日: 更新日:

 兜町は大ハシャギだ。19日、日経平均は一時1万8300円を突破。終値も前日比65円高の1万8264円とITバブルだった2000年5月の水準まで戻し、約15年ぶりに高値を奪還した。市場関係者は「今世紀最高値!」と表現し、イケイケムードに拍車をかけている。

「株価2万円はそう遠くないでしょう。今の勢いが持続すれば、3月末にも突破する可能性があると思っています」(IMSアセットマネジメントの清水秀和代表)

 株高の背景は、企業業績の改善や、米利上げ時期の先延ばし観測、円安定着など、いろいろと取り沙汰されているが、最大の理由は海外投資家の動向だ。

「1月以降、海外勢は基本的に『売り越し』でしたが、ここへきて『買い越し』に転じ始めています。日本株はさらに上昇すると判断しているのでしょう。海外勢の買いが継続すれば、春先の2万円突破はあり得ます」(松井証券シニアアナリストの窪田朋一郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る