日立、三菱UFJ…今から上昇期待できる「出遅れ株」25銘柄

公開日:  更新日:

 株式市場の狂騒が続いている。今月19日に日経平均が今世紀最高値となる1万8300円を突破して以降、相場はお祭り騒ぎだ。26日も前日比200円高の1万8785円で終わった。「3月末の2万円到達も見えてきた」(市場関係者)

 さすがに過熱感を指摘する声は増えてきたが、売買代金の約6割を占める海外勢は強気だ。26日に財務省が公表した資料によると、外国人投資家は2月1週、2週と「買い越し」だった。

「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)に続き、KKR(国家公務員共済組合連合会)も国内株の保有比率を8%から25%に高めると正式発表しました。日銀のETF(上場投資信託)購入は継続だし、需給面を考えれば株高傾向は続くでしょう」(松井証券シニアアナリストの窪田朋一郎氏)

 歪んだ官製相場だとはいえ、この際、“株高の波”に乗ったほうが得かもしれない。ただ、今から買って値上がり期待の持てる銘柄はあるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る