• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年初から株価9%上昇 3月「IPOラッシュ」は大チャンスか

 日経平均は今年に入り、先週末(6日)まで1500円以上、約9%も上昇した。過熱感を指摘する声は出てきたが、「3月末に2万円到達」なんて見方も根強い。

「調整局面はあるでしょうが、日本株は長期上昇トレンドに入っています。ただ株価水準が高くなっているので、ここから先は銘柄選びが重要です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 日経平均に採用されているような大型株は、すでに値上がり幅が大きく、今後の急騰は望み薄。「大きく稼ぐなら、IPO(新規上場株)が狙い目」(市場関係者)だ。

 2月のIPOはREIT(不動産投資信託)を含め7銘柄あったが、初値は例外なく公募価格を上回った。マーケティング関連「ALBERT」(マザーズ)は2800円の公募価格に対し、初値は倍以上の6040円(6日終値は4520円)、ゲーム関連の「シリコンスタジオ」(マザーズ)は同じく4900円→9900円(6日終値は1万8250円)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る