月平均13件ペース いまだ続く「東日本大震災」関連倒産の窮状

公開日: 更新日:

 11日で東日本大震災から丸4年。被災地の復興はまだまだ途上だが、震災関連の倒産も相変わらず続いていることが分かった。

 東京商工リサーチの集計によると、今年2月末までの震災関連倒産は1570件に達し、負債累計は1兆5381億2600万円に上った。月次で見ると、発生件数こそ鈍化しているものの、この1年間の月平均は13・8件。直近の今年1月は16件、2月も12件発生している。阪神・淡路大震災の際は、3年で集計を終え、件数も314件だったというから、東日本大震災の影響の大きさが分かるというものだ。

「東日本大震災の関連倒産は、その地域的な広がりも全国規模です。島根県を除く46都道府県で発生しています。阪神の際は近畿地方を中心に20都道府県でした。東日本は地震の被害が広範囲に広がったことに加え、取引先の取引先など間接的な倒産が広がっているのも特徴です。ちなみに東日本大震災関連倒産の第1号は、福岡のコンサート運営会社でしたからね」(東京商工リサーチ情報本部の関雅史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る