暴露合戦で会社疲弊…“場外乱闘”に突入した大塚家具騒動

公開日: 更新日:

 父娘が骨肉の争いを続ける「大塚家具」。13日、大塚久美子社長(47)が3度目の会見を行い、議決権行使助言会社のグラス・ルイス社が、久美子氏側を支持していることを明かした。

 グラス・ルイスとは、機関投資家に対して、議決権行使時の判断材料となる指標などを示し助言する会社だ。業界2位の同社と1位のISSとで97%のシェアを誇り、投資家に対して多大な影響力を持つ。委任状争奪戦(プロキシファイト)において、いまだ態度を明らかにしていない株主が多い中、今回の支持はその行動を大きく左右しそうだ。

 今月27日開催の株主総会をめぐっては、大株主の米投資ファンド「ブランデス・インベストメント・パートナーズ」が、久美子氏側の会社提案に賛成の議決権を行使すると表明したばかり。追い風は久美子氏側に吹いているように見えるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    阪神藤浪は0勝で25%減更改 現役ドラフト導入なら1位指名

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る