• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
木戸次郎
著者のコラム一覧
木戸次郎株式評論家

1965年生まれ。明治大学政治経済学部を卒業し、某証券会社に勤務。独立後の2003年に「修羅場のマネー哲学 1億5000万円の借金を9年間で完済した男」(幻冬舎)を出版しベストセラーに。そのほか、「ラストチャンス 日本株は5年で見限れ」(ケイツー出版)など著作多数。

カリスマ投資家厳選 狂乱相場はキャッシュリッチ企業が正解

紙面でしか読めない連載を“限定”公開

【第1回 3月19日掲載】
 今どんな株を買うべきか――。狂乱の官製相場だとはいえ、うまく利用すれば老後の蓄えにもなる。銘柄選びのポイントは内部留保を多く抱えるキャッシュリッチ企業だ。

 世界的な投資家であるバフェット氏が重要視しているのは、純利益を自己資本で割って求めるROE(株主資本利益率)である。数値が高いほど効率的な経営とされるが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がROE重視を打ち出したことで、一気にクローズアップされた。

 ROEを高める方法は2つある。ひとつは、分子である純利益を増加させること。もうひとつは、配当を増やしたり、自社株買いによって、分母である自己資本を減らす方法だが、自社株買いなどはキャッシュリッチ企業ほど実施しやすい。

 そこで、私は日刊ゲンダイ新春特別号で、キャッシュリッチ企業を狙うべしとし、20銘柄を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る