原油高再燃!? 商社、製鉄、重機…いま仕込むべき「10銘柄」

公開日:  更新日:

 原油価格が再び上昇しつつある。ニューヨーク市場で7日、代表的な指標として知られるWTI先物が大幅に上昇。1バレル=53ドル台と約3カ月ぶりの高値をつけた。

 株式市場は敏感に反応した。

「一時、40ドルぐらいまで下落した原油価格は底を打った可能性が高い。地政学的リスクから再度、原油安に向かうかもしれませんが、今のうちに原油高で潤う銘柄を仕込んでおけば稼げるかもしれません」(市場関係者)

 日経平均は8日、前日比149円高の1万9789円で引けた。今月1日には一時、1万9000円を割り込んだが、ここへきて復調の気配を見せている。

「原油高に賭けるなら、上場投資信託(ETF)の『日経・TOCOM原油ダブル・ブル』(2038)が狙い目です。株価は原油価格の2倍の動きをします。原油が1バレル=107ドルだったときには1万4500円を付けていました。現在は、1バレル=50ドル前後で株価は4400円あたり。原油高に向かえば、株価は大きくハネます」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る