原油高再燃!? 商社、製鉄、重機…いま仕込むべき「10銘柄」

公開日:  更新日:

 原油価格が再び上昇しつつある。ニューヨーク市場で7日、代表的な指標として知られるWTI先物が大幅に上昇。1バレル=53ドル台と約3カ月ぶりの高値をつけた。

 株式市場は敏感に反応した。

「一時、40ドルぐらいまで下落した原油価格は底を打った可能性が高い。地政学的リスクから再度、原油安に向かうかもしれませんが、今のうちに原油高で潤う銘柄を仕込んでおけば稼げるかもしれません」(市場関係者)

 日経平均は8日、前日比149円高の1万9789円で引けた。今月1日には一時、1万9000円を割り込んだが、ここへきて復調の気配を見せている。

「原油高に賭けるなら、上場投資信託(ETF)の『日経・TOCOM原油ダブル・ブル』(2038)が狙い目です。株価は原油価格の2倍の動きをします。原油が1バレル=107ドルだったときには1万4500円を付けていました。現在は、1バレル=50ドル前後で株価は4400円あたり。原油高に向かえば、株価は大きくハネます」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る