新メニューより客の声に耳を…マック「復活」に必要なこと

公開日:  更新日:

 日本マクドナルドホールディングスは8日、3月の既存店売上高が前年同月比29.3%減少したと発表した。これで、マイナスは14カ月連続。1月の異物混入問題が尾を引き、客数も23.5%減と、こちらは23カ月連続のマイナスだ。マック離れにまるで歯止めがかかっていない。

■ファンの方が知っているV字回復プラン

 マクドナルドは昨年10月から、イカスミバーガーやハワイアンテイストのハンバーガーなど期間限定メニューを次々と投入してきた。しかし、ネット上では「そそられない」「新商品じゃもう無理」などと評判はイマイチ。「ファストフード界の雄」も今は昔で、再浮上はもう無理なのか。

 日本第1号店がオープンした1971年からマクドナルドに通うB級グルメライターの田沢竜次氏はこう提言する。

「マクドナルドはメニューも店の雰囲気も、全て若者向け。中高年の客を呼び戻さなければ、再浮上は難しいでしょう。最近の新メニューは、甘ったるくてコッテリしたものが多いため、中高年は敬遠しがちです。かつて、あっさりとした和風の味付けで好評を博した『チキンタツタ』などの“黄金メニュー”をレギュラーに復活させれば、中高年客が戻ってくる可能性はあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る