新メニューより客の声に耳を…マック「復活」に必要なこと

公開日:  更新日:

 日本マクドナルドホールディングスは8日、3月の既存店売上高が前年同月比29.3%減少したと発表した。これで、マイナスは14カ月連続。1月の異物混入問題が尾を引き、客数も23.5%減と、こちらは23カ月連続のマイナスだ。マック離れにまるで歯止めがかかっていない。

■ファンの方が知っているV字回復プラン

 マクドナルドは昨年10月から、イカスミバーガーやハワイアンテイストのハンバーガーなど期間限定メニューを次々と投入してきた。しかし、ネット上では「そそられない」「新商品じゃもう無理」などと評判はイマイチ。「ファストフード界の雄」も今は昔で、再浮上はもう無理なのか。

 日本第1号店がオープンした1971年からマクドナルドに通うB級グルメライターの田沢竜次氏はこう提言する。

「マクドナルドはメニューも店の雰囲気も、全て若者向け。中高年の客を呼び戻さなければ、再浮上は難しいでしょう。最近の新メニューは、甘ったるくてコッテリしたものが多いため、中高年は敬遠しがちです。かつて、あっさりとした和風の味付けで好評を博した『チキンタツタ』などの“黄金メニュー”をレギュラーに復活させれば、中高年客が戻ってくる可能性はあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る