• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神電鉄、大塚製薬… 徳島が社長輩出率トップになったワケ

 阪神電鉄(手塚昌利元会長・元社長)、大塚製薬(大塚武三郎元社長で創業者)、英会話イーオン(安藝清代表取締役)など有名企業の社長を輩出した徳島県が注目されている。

「2014年 全国社長 出身地・出身校調査」(東京商工リサーチ)の最新データによると、昨年まで4年連続トップだった山形県を抑えて、社長の輩出率が初の首位に躍り出たからだ。

「輩出率は、個人企業も含めた会社数を人口で割ったものです。徳島県を含め、上位県は人口減少が進んだことによって、相対的に輩出率が高止まっている側面はあります。ただ、倒産企業が少なく、企業を維持させているのが特徴です」(東京商工リサーチ情報本部課長の関雅史氏)

 背景には、県を挙げた起業支援がある。

「既存企業の経営相談はもちろん、07年度以降、起業を希望する経営者に立ち上げ準備から、数年間にわたりフォローアップ支援を行っています。県から認定されれば無担保で融資を受けられるケースもあります。大学生・社会人向けの起業セミナーも主催しています」(徳島県企業支援課・小林敬治副課長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る