• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

株価はすでに「実質2万3000円」 崩壊寸前バブル相場に要警戒

 先週10日に日経平均が一時2万円を突破したことで、市場は狂乱状態に陥っている。

「次の目標は終値で2万円に乗せることです。その後は、2000年4月高値の2万833円が目標になるでしょう」(証券アナリスト)

 市場関係者の鼻息は荒いが、ここへきて株価は伸び悩みだ。15日は、前日比38円安の1万9869円で引けた。

「日経平均は年初から2500円以上も上がった。さすがに急激過ぎるし、調整入りして当然でしょう。ただ、もしかすると予想以上に過熱している危険性があるのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 日経平均は2000年4月24日に採用銘柄の大幅入れ替えがあった。その数は30銘柄におよび、当時、「指数の連続性は失われた」という指摘が続出した。

「銘柄入れ替えの発表から実施まで10日間あったため、この間に新規採用銘柄は大幅高となった。これが日経平均を算出する際の除数に影響し、最終的には約15%の下落要因になったといわれています。つまり現在の日経平均は、大幅入れ替え前より15%低い。だから現在の株価2万円は、大幅入れ替え前の水準に直すと2万3000円ともいえるのです」(株式アナリストの黒岩泰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る