政敵を次々粛清…習近平は過去6回「暗殺未遂」経験していた

公開日:  更新日:

 次々に政敵を粛清している習近平国家主席。ついに軍の制服組トップだった実力者まで拘束した。拘束されたのは、制服組トップを10年間つとめていた郭伯雄・前中央軍事委員会副主席(72)。郭伯雄は、国家主席だった胡錦濤に近く、いまも軍部内に大きな影響力を持っている。

 習近平が片っ端から政敵を摘発しているのは、本人が身の危険を感じているためだという。実際、何度も「刺客」を送られている。と同時に、粛清に走っているために恨みを買い、余計に「暗殺」の恐れが強まっている状況だ。「月刊中国」を主幹する中国人ジャーナリスト・鳴霞氏はこう言う。

「習近平は、分かっているだけでも3回、命を狙われています。副主席だった12年8月、会議室に時限爆弾を仕掛けられたのが1度目です。2度目は、同じ時期、健康診断のために病院を訪れた時、検査用の注射器に毒が入れられていた。2件とも反目していた周永康の指示とみられています。3回目は、13年8月末~9月中旬。姿を見せず『交通事故で入院』との発表がありましたが、どうやら、車のタイヤに細工をされ事故を起こしたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る