邦銀への規制拡大か…日本国債「暴落」までのカウントダウン

公開日:  更新日:

 世界の金融市場が「日本は財政ファイナンスを行っている」と断じる日が近づきつつある。

 現在、主要国の金融監督当局で構成するバーゼル銀行監督委員会(本部はスイス・バーゼル)は、銀行保有資産の金利リスクに関する新規制を検討中だが、邦銀の規制対象を拡大する動きが出てきたのだ。これまでは3大メガバンクのみが対象だったが、海外に営業拠点などを持つ国際基準行はすべて対象になるという。有力地方銀行の横浜銀行や千葉銀行、静岡銀行など10の金融機関が含まれる。

「有力地銀が規制対象になったら大変です。金融市場は大混乱に陥りかねません」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

 新規制のポイントは、銀行が保有する自国の国債をリスク資産とみなす点だ。現状はリスクゼロだが、リスク資産となれば保有残高に応じて資本を積み増す必要が生じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る