15年ぶり終値2万円回復も…市場で囁かれる「5月暴落」リスク

公開日:  更新日:

 株式市場が久しぶりに盛り上がっている。日経平均株価が22日、終値で2万円台を回復した。10日の取引中に突破したものの、終値で2万円台は15年ぶり。兜町は安堵と期待にあふれているが、一方で、ここから先の相場は危ういという見方も台頭している。

「5月は危険に満ちています。米投資ファンドの決算(6月)を控え、利益確定の大量売りが起こりそうなのです。実際、13年5月23日には1143円も暴落した。相場格言『セル・イン・メイ(5月に売れ)』をナメてかかると痛い目に遭いかねません」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 この年は5月から6月にかけての1カ月弱で、日経平均は3100円以上(約20%)も下落した。今年はバブル色の強い官製相場だけに、13年より警戒が必要だろう。

■GW明けに1万6000円台の可能性も

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る