• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

再生医療より創薬支援 「iPS細胞」で製薬会社が狙う2兆円

 世界をアッと言わせた成果が、いよいよ本格的に実用化されそうだ。京大iPS細胞研究所は、今秋をメドにストックされたiPS細胞の提供を始めるという。このiPSは特殊で、日本人の20%で拒絶反応を起こしにくい。そんな特殊iPSをさらに増やし、22年度までに9割をカバーするのが目標だ。

 現在、目の網膜治療などに使われているiPSは自分の細胞から10カ月かけて培養。コストは1億円と高い。特殊iPSはすぐ使え、2000万円で済むため、「臨床に弾みがつく」(同研究所医療応用推進室・高須直子室長)ともっぱらだ。

 iPS細胞はあらゆる細胞や臓器に分化するため、発見当初、「これさえあれば、病気の臓器はすべて再生できる」と不老長寿の未来が描かれた。シナリオ通りなら、薬は不要になり、製薬業界は大打撃を受けるが、細胞提供を喜んでいるのは、ほかならぬ製薬業界だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る