再生医療より創薬支援 「iPS細胞」で製薬会社が狙う2兆円

公開日:  更新日:

 世界をアッと言わせた成果が、いよいよ本格的に実用化されそうだ。京大iPS細胞研究所は、今秋をメドにストックされたiPS細胞の提供を始めるという。このiPSは特殊で、日本人の20%で拒絶反応を起こしにくい。そんな特殊iPSをさらに増やし、22年度までに9割をカバーするのが目標だ。

 現在、目の網膜治療などに使われているiPSは自分の細胞から10カ月かけて培養。コストは1億円と高い。特殊iPSはすぐ使え、2000万円で済むため、「臨床に弾みがつく」(同研究所医療応用推進室・高須直子室長)ともっぱらだ。

 iPS細胞はあらゆる細胞や臓器に分化するため、発見当初、「これさえあれば、病気の臓器はすべて再生できる」と不老長寿の未来が描かれた。シナリオ通りなら、薬は不要になり、製薬業界は大打撃を受けるが、細胞提供を喜んでいるのは、ほかならぬ製薬業界だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る