「すしざんまい」喜代村も撤退…豊洲新市場は“閑古鳥”の恐れ

公開日:  更新日:

 移転ありきで計画を作るから、こういう事態に陥るのだ。大手寿司チェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」(木村清社長)が、築地市場の移転先である江東区豊洲の新市場に隣接する観光施設「千客万来」からの撤退を公表した。

「千客万来」は温浴施設のほか、フードコートや食育教室などを整備する計画で、都は年間420万人の来場を見込んでいた。

「喜代村」と共同事業者だった「大和ハウス工業」が2月に撤退を発表。29日、都内で会見を開いた木村社長は、撤退理由として近隣にある「大江戸温泉物語」との競合などを挙げつつ、「断腸の思い。力不足で申し訳ない」と涙ながらに話した。

「喜代村」の撤退で、計画自体が完全に白紙になったワケで、都もマッ青だろう。

 だが、そもそも計画自体にムリがあったとみる市場関係者は少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る