「すしざんまい」喜代村も撤退…豊洲新市場は“閑古鳥”の恐れ

公開日:  更新日:

 移転ありきで計画を作るから、こういう事態に陥るのだ。大手寿司チェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」(木村清社長)が、築地市場の移転先である江東区豊洲の新市場に隣接する観光施設「千客万来」からの撤退を公表した。

「千客万来」は温浴施設のほか、フードコートや食育教室などを整備する計画で、都は年間420万人の来場を見込んでいた。

「喜代村」と共同事業者だった「大和ハウス工業」が2月に撤退を発表。29日、都内で会見を開いた木村社長は、撤退理由として近隣にある「大江戸温泉物語」との競合などを挙げつつ、「断腸の思い。力不足で申し訳ない」と涙ながらに話した。

「喜代村」の撤退で、計画自体が完全に白紙になったワケで、都もマッ青だろう。

 だが、そもそも計画自体にムリがあったとみる市場関係者は少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る