• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「すしざんまい」喜代村も撤退…豊洲新市場は“閑古鳥”の恐れ

 移転ありきで計画を作るから、こういう事態に陥るのだ。大手寿司チェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」(木村清社長)が、築地市場の移転先である江東区豊洲の新市場に隣接する観光施設「千客万来」からの撤退を公表した。

「千客万来」は温浴施設のほか、フードコートや食育教室などを整備する計画で、都は年間420万人の来場を見込んでいた。

「喜代村」と共同事業者だった「大和ハウス工業」が2月に撤退を発表。29日、都内で会見を開いた木村社長は、撤退理由として近隣にある「大江戸温泉物語」との競合などを挙げつつ、「断腸の思い。力不足で申し訳ない」と涙ながらに話した。

「喜代村」の撤退で、計画自体が完全に白紙になったワケで、都もマッ青だろう。

 だが、そもそも計画自体にムリがあったとみる市場関係者は少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る