日本国債格下げの奇妙なタイミング 「裏にハゲタカ」の見方も

公開日:  更新日:

 日本国債はホントに大丈夫か――。欧米系の格付け会社フィッチは27日、日本国債を格下げしたが、その衝撃が広がっている。「Aプラス」から一段階下の「A」となり、中国(Aプラス)や韓国(AAマイナス)より“格下”になったのだ。

「フィッチと並ぶ大手格付け会社の米ムーディーズは、消費増税10%を先送りした直後の昨年12月に日本国債を格下げしています。そのときから、いずれフィッチも動くとみられていましたが、なぜ、このタイミングだったのか。奇妙です」(金融関係者)

 フィッチは、政府の2015年度予算の成立(9日)を待っていたフシがある。実際、格下げ要因として、「15年度予算に、延期された消費増税に代わる十分な構造的な財政措置が含まれていないことを反映した」とリポートに書いた。

 ただ、金融界では「予算成立を見極めただけではないような気がする」(銀行関係者)という臆測が駆け巡っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る