• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本国債格下げの奇妙なタイミング 「裏にハゲタカ」の見方も

 日本国債はホントに大丈夫か――。欧米系の格付け会社フィッチは27日、日本国債を格下げしたが、その衝撃が広がっている。「Aプラス」から一段階下の「A」となり、中国(Aプラス)や韓国(AAマイナス)より“格下”になったのだ。

「フィッチと並ぶ大手格付け会社の米ムーディーズは、消費増税10%を先送りした直後の昨年12月に日本国債を格下げしています。そのときから、いずれフィッチも動くとみられていましたが、なぜ、このタイミングだったのか。奇妙です」(金融関係者)

 フィッチは、政府の2015年度予算の成立(9日)を待っていたフシがある。実際、格下げ要因として、「15年度予算に、延期された消費増税に代わる十分な構造的な財政措置が含まれていないことを反映した」とリポートに書いた。

 ただ、金融界では「予算成立を見極めただけではないような気がする」(銀行関係者)という臆測が駆け巡っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る