アップルウォッチにも不具合 「初期出荷品」はこんなに“危険”

公開日:  更新日:

 アップルウォッチにトラブル発生だ。米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、中国製の部品に不具合が見つかり、この部品を搭載する端末の出荷が中止されたという。

 不具合があったのは「タプティックエンジン」という部品。スマホのバイブに当たるもので、さまざまな通知を手首に振動で伝える機能を担っている。どんな不具合があったかは公表されていないが、アップルウォッチは24日の発売以降、トラブルが続出している。これまで、「電池が弱い」「充電後は熱くて腕に巻けない」などと、ネット上で指摘されている。やはり、ミーハー根性丸出しで話題の新商品に飛びつくのは危険なのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言う。

「スマホや携帯ゲームも同様ですが、初回出荷品にはトラブルが付きものです。なかには、『トラブルとともに歩んでいきたい』と、初回出荷品に手を出すマニアもいますが、マニア以外は2回目以降に出荷された“こなれた”ものを買うのが定石です。アップルウォッチも、今後、どんどん改良されていくはずです」

 しばらくは様子見したほうがよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る