日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お詫びセールが逆効果…赤字決算の大塚家具に深刻な客離れ

 厳しい現実を突き付けられた。父娘が激しいバトルを繰り広げた大塚家具が1日に2015年1-3月期決算を発表。7億4000万円の赤字(前年同期は4億1200万円の黒字)だった。お家騒動で知名度は上がったものの、客離れは深刻となっている。

 4月の売上高も、前年同月と比べ17.5%減だった。

「消費増税前の昨年3月は、“駆け込み需要”でかなりの売り上げでした。その反動で、昨年4月は売り上げの落ち込みが激しかった。その分、今年4月は前年比プラスになって当たり前でした。なのに、昨年4月より数字が落ちている。売り上げの絶対額が、相当減っているんだと思います」(大塚家具関係者)

■久美子社長謝罪も後の祭り

 大塚久美子社長(47)が先頭に立って行っている最大50%オフの「お詫びセール」も裏目に出ているという。初日の新宿店の来客は1万人を突破したが、あまりにも混雑したため満足な接客を受けられなかった客もいた。久美子社長もツイッターで「ご対応しきれずにお待たせすることになったお客様には、大変申し訳ありませんでした」と謝罪している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事