行員は不要? メガバンクの「接客」ロボットが取って代わる日

公開日:  更新日:

【プロはここを見る 経済ニュースの核心】

 メガバンク同士の人型ロボット対決が金融界の話題となっている。

 先陣を切ったのは三菱UFJフィナンシャル・グループ。4月13日から23日まで本店ロビーに接客用の人型ロボット「NAO(ナオ)」を配置し、子供や若い女性などに愛嬌を振りまいていた。

 仏アルデバラン社製のロボットで身長は58センチと小柄だが、2つのカメラと4つのマイクで人の表情や感情を読み取り会話することができる。日本語のみならず英語、中国語など世界19カ国語に対応できる優れものだ。「いらっしゃいませ、ご用件はなんでしょうか」など、ロビー係さながらの接客術を披露した。

 これに対抗するのが、みずほフィナンシャルグループ。7月から導入するのはソフトバンクロボティクスと仏アルデバラン社が共同開発した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る