スズキ会長は「90歳まで続投」 高齢経営者が大健闘のヒミツ

公開日:  更新日:

「私が一番先にやめればいいが、そうもいかない」――スズキの鈴木修会長兼社長(85)が今月11日の会見でこう言った。今後5年間で経営陣の若返りを進める方針を示した上で、事実上「90歳まで続投」を宣言したわけだ。90歳で東証1部上場のトップを務める例は珍しいが、12日はカシオ計算機が樫尾和雄社長(86)が代表権のある会長になる人事を発表した。

 調べてみると、日本の企業は高齢経営者が現役バリバリで活躍し続け、経営もうまくいっているケースが多い。「生き残りをかけて戦っていく」。鈴木修会長がこう言って社員にハッパをかけるスズキは今期最高益になる見通し。セブン&アイも82歳になった鈴木敏文氏が現在もグループ全体の「総帥」として指揮を執り続けている。71歳の似鳥昭雄が社長のニトリは29期連続増収増益で増配する見通しだ。

 経済ジャーナリストの井上学氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る