• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スズキ会長は「90歳まで続投」 高齢経営者が大健闘のヒミツ

「私が一番先にやめればいいが、そうもいかない」――スズキの鈴木修会長兼社長(85)が今月11日の会見でこう言った。今後5年間で経営陣の若返りを進める方針を示した上で、事実上「90歳まで続投」を宣言したわけだ。90歳で東証1部上場のトップを務める例は珍しいが、12日はカシオ計算機が樫尾和雄社長(86)が代表権のある会長になる人事を発表した。

 調べてみると、日本の企業は高齢経営者が現役バリバリで活躍し続け、経営もうまくいっているケースが多い。「生き残りをかけて戦っていく」。鈴木修会長がこう言って社員にハッパをかけるスズキは今期最高益になる見通し。セブン&アイも82歳になった鈴木敏文氏が現在もグループ全体の「総帥」として指揮を執り続けている。71歳の似鳥昭雄が社長のニトリは29期連続増収増益で増配する見通しだ。

 経済ジャーナリストの井上学氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る