オリンパスを彷彿…不適切会計「東芝」株価どこまで下がる?

公開日:  更新日:

 不適切会計が浮上した東芝に対する市場の不信感は高まるばかりだ。

「外国人社長の突然の辞任をきっかけに、過去の粉飾決算が明るみに出たオリンパスを彷彿とさせます。東芝株も同じような道をたどる危険性があります」(市場関係者)

 オリンパスは事件発覚後に株価が暴落した。事件前の高値に比べ約85%も下落している(2835円→424円)。

 東芝は5月上旬に予定していた決算発表を6月以降に延期し、15年3月期予想を白紙とした。さらに期末配当を4円から無配へと変更した。これを受け、11日の株価はストップ安となる403.3円まで下落。翌日も一時375.2円の安値をつけ、年初来高値(535円)から約30%の下落率となった。

「アナリストの信頼を失う不正会計は市場が最も嫌います。東芝は過去の決算数字にさかのぼって修正する可能性がある。そうなると株価300円割れも覚悟すべきでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る