1億円が5億円でも…シャープの再建策に市場は呆れムード

公開日:  更新日:

「事前に小出しで報じられていたので、驚きはなかった」(兜町関係者)

 14日、2015年3月期決算と経営再建策を発表したシャープに、市場の反応は冷ややかを通り越して、呆れムードらしい。

 連結決算の純損益は、2223億円の赤字。会見した高橋興三社長は「復活へ向けた再スタートを切りたい」などと語ったが、期待できそうにない。

 シャープは累積損失を一掃するため、資本金を1218億円から5億円に減資する。それだって当初は1億円と報じられたのが、世間の風当たりが強いとみるや断念し、5億円にとどめた。

「いまシャープがコケたら、アベノミクスに水を差す。シャープ再建には“国策”のニオイも漂ってきます。99%減資の情報を事前にリークしたのは経産省なのか、メーンバンクなのか。いずれにせよ反応を探り探りで、のっけから右往左往しているような印象です。それに1億円を5億円にしたところで、99%減資という“禁じ手”に変わりはない。株主をバカにしていますよ」(前出の兜町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る