欠陥エアバック問題 タカタが主張一転「全面降伏」のウラ事情

公開日:  更新日:

 なぜ今さら……。タカタはエアバッグ欠陥問題で、これまでの主張を一転させ、全面降伏ともいえる全米でのリコール実施に踏み切る。

「この問題が浮上した昨秋以降、タカタはエアバッグの欠陥を認めてこなかった。ところが、この問題を追及し続ける米運輸省道路交通安全局(NHTSA)と突然のように合意した。何があったのかと勘繰ってしまう」(自動車業界関係者)

 タカタは全米で約3400万台のリコールを行う。過去最大のリコールで、何と7台に1台が対象になるという。リコールに関連する追加費用は2500億円規模になる可能性がある。

「タカタ1社で、これほどの巨額費用を賄うことになったら、経営の屋台骨が揺らぎます。債務超過だってあり得るでしょう。ただ、おそらくそうはならない。突然の合意には米当局や日本の完成車メーカーの思惑が複雑に絡んでいるとにらんでいます」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る