• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

欠陥エアバック問題 タカタが主張一転「全面降伏」のウラ事情

 なぜ今さら……。タカタはエアバッグ欠陥問題で、これまでの主張を一転させ、全面降伏ともいえる全米でのリコール実施に踏み切る。

「この問題が浮上した昨秋以降、タカタはエアバッグの欠陥を認めてこなかった。ところが、この問題を追及し続ける米運輸省道路交通安全局(NHTSA)と突然のように合意した。何があったのかと勘繰ってしまう」(自動車業界関係者)

 タカタは全米で約3400万台のリコールを行う。過去最大のリコールで、何と7台に1台が対象になるという。リコールに関連する追加費用は2500億円規模になる可能性がある。

「タカタ1社で、これほどの巨額費用を賄うことになったら、経営の屋台骨が揺らぎます。債務超過だってあり得るでしょう。ただ、おそらくそうはならない。突然の合意には米当局や日本の完成車メーカーの思惑が複雑に絡んでいるとにらんでいます」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る