• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

狂乱相場の勝ち馬「外資爆買い株」に乗れ 厳選25銘柄を紹介

 日経平均は26日まで8連騰し、2万437円で終えた。東証1部の時価総額は89年バブル相場(590兆円)を超え、25日終値ベースで595兆円(政府保有分を除く)となっている。

 過熱感を指摘する声は出始めたが、「年末には2万3000円」(株式評論家の倉多慎之助氏)といった強気派も多い。

「ここから先の投資は勝ち馬に乗ったほうがいい。投資術としては、海外投資家が大量に買った銘柄に狙いを定める方法が有効です。今後の株高が期待できます」(倉多慎之助氏)

 そこで5%以上の株保有で提出義務が発生する「大量保有報告書」を参考に、外国勢が4月以降に買い漁った銘柄を調べた。確かに好パフォーマンスが続出している。

「今の上昇相場は、外資が爆買いすると、その銘柄に火がついて、『買い』が『買い』を呼ぶ展開になりやすい」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る