日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6年ぶり予備軍増加…シャープだけじゃない「経営不安」67社

 市場で警戒される“危ない会社”が6年ぶりに増加した。東京商工リサーチによると、15年3月期に「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン=GC注記)」が付いた企業は25社。GC予備軍といわれる「継続企業に関する重要事象」の記載は42社で合計67社に上った。

「前回調査(14年9月中間期)の59社より増えました。昨年は株高傾向が続き、好業績の企業も多かったので増加は意外でした」(東京商工リサーチ情報部の増田和史氏)

 09年3月期から続いていた減少傾向が突如、暗転したのだ。日経平均2万円に浮かれていた市場は、企業経営の実態に直面し、日本経済の先行きに不安を抱き始めている。

「倒産予備軍とされるGC注記や重要事象を記載する会社が増えたのです。官製相場がつくり出す株高マジックに惑わされていたと反省するしかない。ここから先は身構えます」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事