• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4次感染まで…日本人1号に備え「MERS」関連銘柄に思惑買い

 猛威を振るうMERS(中東呼吸器症候群)がいよいよ“対岸の火事”ではなくなってきた。先週末に韓国内の死者は2人増え15人、感染者は新たに7人確認され145人となった。WHOも韓国政府も「短期間で終息するとは予想できない」と、お手上げ状態なのだが、恐ろしいのは「4次感染」が初めて確認されたことだ。

「4次感染が確認されたということは、院内感染が主だったウイルスが、すでに街中に拡散していると考えた方がいい。MERSの潜伏期間は最長2週間とされます。その期間に感染者が日本の空港の検疫所をすり抜けて、国内で発症する可能性は十分あると思います」(山野医療専門学校副校長の中原英臣氏=ウイルス学)

 “日本初上陸”に備えた動きも活発化している。例えば、愛知県豊橋市のメッシュ製品の製造会社「くればぁ」が作る約1万円の超高級マスクが、飛ぶように売れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る