• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4次感染まで…日本人1号に備え「MERS」関連銘柄に思惑買い

 猛威を振るうMERS(中東呼吸器症候群)がいよいよ“対岸の火事”ではなくなってきた。先週末に韓国内の死者は2人増え15人、感染者は新たに7人確認され145人となった。WHOも韓国政府も「短期間で終息するとは予想できない」と、お手上げ状態なのだが、恐ろしいのは「4次感染」が初めて確認されたことだ。

「4次感染が確認されたということは、院内感染が主だったウイルスが、すでに街中に拡散していると考えた方がいい。MERSの潜伏期間は最長2週間とされます。その期間に感染者が日本の空港の検疫所をすり抜けて、国内で発症する可能性は十分あると思います」(山野医療専門学校副校長の中原英臣氏=ウイルス学)

 “日本初上陸”に備えた動きも活発化している。例えば、愛知県豊橋市のメッシュ製品の製造会社「くればぁ」が作る約1万円の超高級マスクが、飛ぶように売れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る