4次感染まで…日本人1号に備え「MERS」関連銘柄に思惑買い

公開日:  更新日:

 猛威を振るうMERS(中東呼吸器症候群)がいよいよ“対岸の火事”ではなくなってきた。先週末に韓国内の死者は2人増え15人、感染者は新たに7人確認され145人となった。WHOも韓国政府も「短期間で終息するとは予想できない」と、お手上げ状態なのだが、恐ろしいのは「4次感染」が初めて確認されたことだ。

「4次感染が確認されたということは、院内感染が主だったウイルスが、すでに街中に拡散していると考えた方がいい。MERSの潜伏期間は最長2週間とされます。その期間に感染者が日本の空港の検疫所をすり抜けて、国内で発症する可能性は十分あると思います」(山野医療専門学校副校長の中原英臣氏=ウイルス学)

 “日本初上陸”に備えた動きも活発化している。例えば、愛知県豊橋市のメッシュ製品の製造会社「くればぁ」が作る約1万円の超高級マスクが、飛ぶように売れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る