4次感染まで…日本人1号に備え「MERS」関連銘柄に思惑買い

公開日: 更新日:

 猛威を振るうMERS(中東呼吸器症候群)がいよいよ“対岸の火事”ではなくなってきた。先週末に韓国内の死者は2人増え15人、感染者は新たに7人確認され145人となった。WHOも韓国政府も「短期間で終息するとは予想できない」と、お手上げ状態なのだが、恐ろしいのは「4次感染」が初めて確認されたことだ。

「4次感染が確認されたということは、院内感染が主だったウイルスが、すでに街中に拡散していると考えた方がいい。MERSの潜伏期間は最長2週間とされます。その期間に感染者が日本の空港の検疫所をすり抜けて、国内で発症する可能性は十分あると思います」(山野医療専門学校副校長の中原英臣氏=ウイルス学)

 “日本初上陸”に備えた動きも活発化している。例えば、愛知県豊橋市のメッシュ製品の製造会社「くればぁ」が作る約1万円の超高級マスクが、飛ぶように売れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る