株主総会でも1億円プレーヤー続出 「高額役員報酬」トップ30

公開日:  更新日:

 ソフトバンクが孫正義社長の後継候補に、移籍に伴う一時金がほとんどとはいえ165億円の報酬を払っていたのにはブッたまげたが、他の役員の通常報酬額もベラボーだった。

 株主総会真っただ中。「役員報酬1億円以上」の開示について、東京商工リサーチが有価証券報告書をもとに、19日午後5時までのデータをまとめた。1億円以上を受け取った役員は現時点で21社、61人。うち23人が前年より増額し、新規開示(初の1億円超など)は26人に上る。別表は上位30人のリストである。

 トップはソフトバンク取締役のロナルド・フィッシャー氏で、17億9100万円。2010年3月期決算から上場企業に1億円以上の報酬をもらった役員名の個別開示が義務付けられて以降の最高額だ(従来の最高額は、ユーシン田辺会長の14億500万円)。前年比5倍以上の増額だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る