無配&最終赤字でも “凋落”ソニー平井社長の報酬は「3億円」

公開日:  更新日:

 23日開かれたソニーの株主総会。冒頭、平井一夫社長は中期経営計画(12~14年度)で掲げた「営業利益率5%以上」を達成できず、1958年の上場以来初めて「無配当」となったことについて、「改めて深くおわびする」と陳謝した。

 株主からは厳しい声が飛んだ。

「初めての無配なのに、(執行役や社員には)昨年同様ストックオプションを付与するのは納得できない」「営業利益率5%以上という目標が達成できなかった責任はどうなっているのか」

 これに対し、平井社長はこう答えた。

「賞与を返上し、年収ベースで50%の減額になっています」

 で、いくらなのかと思ったら、総会終了後に提出された有価証券報告書によると、ナント3億2600万円(基本報酬2億200万円、ストックオプション1億1300万円、福利厚生費など1100万円)。5割カットでこの額である。東京商工リサーチが集計している3月期決算企業の役員報酬ランキング(有価証券報告書ベース・23日午後5時時点)で6位に入る高額だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    “M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

もっと見る