株価4日続伸の怪 ギリシャ危機“楽観論”に市場関係者が警鐘

公開日: 更新日:

 株式市場はギリシャ危機を乗り切ったかのようなムードに包まれている。日経平均は3日まで4日続伸し、400円以上も値を上げた。

 ギリシャは5日(日曜日)に、EUの提示した緊縮財政案を受け入れるかどうかの国民投票を実施する。結果によっては、ユーロ圏離脱が現実となり、金融市場はパニックに陥りかねない。ところが、日経平均は上昇を続けたのだ。

「たしかにギリシャの経済規模は小さく、GDPは約25兆円とトヨタ自動車の年間売上高(約27兆円)より少ない。冷静に判断すれば、日本市場へのダメージは軽微でしょう。ただ、危機がイタリアやスペインに波及したら、世界の金融市場は混乱を極めます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 それなのに市場は楽観論にあふれている。理由は、あきれるほどのプラス思考だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    日テレvsテレ朝「視聴率3冠」争い “美人女医対決”が勃発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る