株価4日続伸の怪 ギリシャ危機“楽観論”に市場関係者が警鐘

公開日:  更新日:

 株式市場はギリシャ危機を乗り切ったかのようなムードに包まれている。日経平均は3日まで4日続伸し、400円以上も値を上げた。

 ギリシャは5日(日曜日)に、EUの提示した緊縮財政案を受け入れるかどうかの国民投票を実施する。結果によっては、ユーロ圏離脱が現実となり、金融市場はパニックに陥りかねない。ところが、日経平均は上昇を続けたのだ。

「たしかにギリシャの経済規模は小さく、GDPは約25兆円とトヨタ自動車の年間売上高(約27兆円)より少ない。冷静に判断すれば、日本市場へのダメージは軽微でしょう。ただ、危機がイタリアやスペインに波及したら、世界の金融市場は混乱を極めます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 それなのに市場は楽観論にあふれている。理由は、あきれるほどのプラス思考だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る